友達とのきずな

12月7日(金)
3年1組が2限目に道徳の研究授業を行いました。
「森のげいじゅつてん」を読んで、
友達のよさを知り、友達との関わり方を考えようとする授業でした。

先生が物語を読み終わるとすぐに、手が挙がります。

友だちの意見につなげて、様々な意見が出てきます。

「きつねとたぬきは昔からお互いが好きだったけど、
もっと、もっと大好きになったと思う」

「自分の気持ちを分かってくれているんだ」

最後はノートにまとめました。
自分の気持ちの動きを確かめるように書いていました。

カテゴリー: 3年生 パーマリンク